ベラルーシのスプリンターは、コーチを批判したためにオリンピックから早く帰宅する命令を拒否したため、彼女の安全に対する恐れを表明しました。

Krystsina Tsimanouskayaは、彼女の意志に反して東京の空港に連れて行かれる前に荷造りを余儀なくされたと言います。

24歳の彼女は、飛行機に搭乗する必要がないように、ターミナルで警察の保護を求めたと言います。

「私は安全だと思います。私は警察と一緒です」と彼女は警官に囲まれて描かれているので、彼女は言ったのを聞いた。

月曜日の女子200m大会に出場する予定だったスプリンターは、急遽別のレースに出場することに不満を漏らしていた。

HERE http://bit.ly/1rbfUog購読してください

#BBCNews